弁護士に交渉を依頼

慰謝料の請求では被害者と保険会社が顔を合わせて交渉を行っても単に時間の無駄になってしまうだけです。保険会社はできる限り低額の慰謝料を支払うことしか考えていないため、妥当な慰謝料を支払ってくれるなどとは考えるべきではありません。万が一交通事故に遭い、慰謝料の請求をしなければならなくなった時には弁護士に依頼をすることを検討してください。弁護士なら保険会社としては妥当な金額を支払わなければならないものです。また被害者としては苦痛を感じつつ交渉を保険会社と行うこともいらなくなるので、ストレスを感じることはありません。

慰謝料の請求を弁護士に依頼をした場合、保険会社に対して請求書を作成し、実際に保険会社と交渉を行ってくれます。一般に傷害のみで後遺障害がない場合、また後遺障害認定されても等級が低い場合、訴訟をしないで何回かの交渉だけで和解がなされます。それによって被害者はより多くの慰謝料を獲得することができ、とても満足するものです。また後遺障害認定がなされ、高い等級を獲得した場合、訴訟を行うことが必然になるのですぐに弁護士に依頼をしなければなりません。弁護士に依頼をすればとてもスムーズに交渉をしてくれるものなのです。